歯がない・しっかり
噛めるようになりたい

歯がないことによるデメリット

歯がないことによるデメリット

虫歯や歯周病や事故などの外傷によって歯を損失してしまった場合、欠損部を補う必要があります。ここで欠損部を補わずに損失したままにしておくと下記のようなデメリットがあります。

  1. 歯並び・噛み合わせが悪くなる歯列内に隙間が空いた状態だと、周囲の歯が少しずつ移動を始め、全体の歯並びや噛み合わせが悪くなっていってしまいます。
  2. 顎の骨が痩せる歯を損失した部分は、噛む力がかからなくなり、徐々に痩せていってしまいます。
  3. 発音が難しくなる失った歯の本数が多ければ多いほど、発音は難しくなっていきます。
  4. 食事がしづらくなる歯が損失することで、噛み合わせ機能が低下しますので、食事がしづらくなります。
    本来であれば、上下の歯で効率良く噛み合わせるのに対して、片方の歯がないだけで、その効率は崩れてしまうのです。

天然歯と遜色のない治療「インプラント」

歯を損失してしまった際の、補う治療として当院ではインプラント治療をおすすめしております。インプラントと呼ばれるチタン製の人工歯根を顎の骨に埋め込み、その上に新しい歯を取り付ける治療法です。
インプラントの大きな特徴は、天然歯に近い感覚で噛めるようになることが可能ということです。

インプラントについて詳しく見る

インプラントのメリット・デメリット

メリット

  • 自分の歯に近い感覚で食事や会話ができる
  • 入れ歯・ブリッジに比べると違和感が少ない
  • 周りの健康な歯を削ったりする必要がない

デメリット

  • 自由診療となるため費用が高くなる
  • 外科処置なので、期間が長い
  • 治療後のメンテナンスを怠るとインプラント周囲炎になる可能性がある

さらにインプラントについて詳しくご覧になりたい方は、下記よりご覧くださいませ。

あいおい歯科グループ 池袋駅前歯医者・矯正歯科

土日祝も夜7時まで診療

池袋駅東口から徒歩1分

〒171-0022
東京都豊島区南池袋1丁目22−2 F・L・Cビル 7F

診察時間 月曜~日曜 毎日診察 10:00〜19:00
休診日 なし

【当日予約も受付中】お気軽にご連絡下さい