【 池袋駅 徒歩1分/患者様第一の歯医者 】
2018年3月1日(木)開院予定

成人矯正

【何歳まで出来るの?】

年齢制限は特にありませんが、なるべく若いうちに矯正治療を行った方が歯の動きが良く、歯の後戻りも防ぎやすくなります。
早めに始められた方が良い結果を得ることができます。
また、年齢が高くなればなるほど、歯周病のリスクも高くなります。歯周病が進行している方は、場合によっては矯正治療ができない可能性もあります。

【抜歯は必要か】

矯正治療には、抜歯矯正治療(歯を抜く)と、非抜歯矯正治療(歯を抜かない)があります。
歯を抜くか抜かないかは、患者さんの顎の状態や歯の大きさなどにより判断しまう。
歯を移動する上で十分なスペースがあれば非抜歯で可能です。また、十分なスペースがない場合でも、歯列の幅を広げることで非抜歯矯正を行うことも可能です。しかし、全ての方が非抜歯矯正を行うことが適切というわけではありません。歯列の幅を広げることで、見た目の印象や噛み合わせのバランスが失われることもあり、非抜歯矯正のメリット、デメリット、抜歯矯正のメリット、デメリットを考慮し説明した上で選択することが重要です。

矯正歯科治療の種類

クリアアライナー矯正(マウスピース矯正)

マウスピースを用いて行う矯正治療です。
マウスピース矯正(インビザライン、アソアライナーなど)は、必要な矯正力を必要な部位に加えることで歯を移動させる仕組みです。通常月に1、2回の間隔で歯型をおとりしていきます。患者さんの歯型をコンピューターにより分析し、歯の移動をシミュレーションしながら定期的にマウスピースを交換することによって、適切な位置に歯を並べていく方法です。
クリアアライナーは、全ての患者さんに適応できるわけではありませんが、矯正中に見た目を気にされる患者さんにとっては、画期的な治療法です。
マウスピースは透明の為、他人に気づかれることは殆どありません。食事や歯磨きする際に外すことができるので、口の中を衛生的に保つことができます。

マルチブラケットシステム

歯1本ずつにブラケットと呼ばれる小さな装置を接着し、ワイヤーを通して歯に力をかけて徐々に動かしていく矯正治療です。
常に一定の力を歯にかけることが出来るので、効率よく治療が進みます。また、歯1本ずつの細かい調整が可能なので、歯並びを精密に美しく仕上げることが出来ます。
現在は目立ちにくいクリアなブラケット装置が主流となっていますが、クリアアライナー(マウスピース矯正)に比べると、審美性は劣ります。

【矯正後の注意点】

歯根吸収を引き起こす可能性があります。

矯正治療中に歯は顎の骨の中をゆっくり動いていきます。その際に力が掛かっている側の骨が吸収し歯が動くのですが、歯の根の方も少し吸収して短くなってしまうことがあります。これを歯根吸収といいます。
歯根吸収が起きないように、できる限り弱い力を用いて歯を移動させますが、仮に歯根吸収がひどくなってしまった場合は、矯正治療を中断することを検討します。

歯肉退縮を引き起こす可能性があります。

歯肉退縮とは、歯を覆っている歯肉が下がることです。これは矯正治療の有無に関わらず、歯周病、歯ぎしり、加齢現象などによっても起こります。成人以上の方では程度にもよりますが、起こることが多いです。

後戻り

矯正治療で動かした歯には、元の位置に戻ろうとする力がかかっています。
移動させた位置で固定するために、最低2年は「保定装置(リテーナー)」をしっかり装着しないと後戻りしてしまう可能性があります。